<?php the_title(); ?>

出会い系サイト規制法

インターネットが世の中に普及した事によって急成長した出会い系サイトですが、その名称は一時、犯罪者の温床という不本意な結末になってしまいました。
すると国が動き出しました。
出会い系サイト被害防止法や出会い系サイト規制法を制定して、児童との援助交際の誘導を、
インターネット上の出会い系サイトを利用して行うといった行動をひとまず規制したのです。
そして、そこから六年後に制定されたのが、免許証等で利用者の年齢確認を行う事の義務化、公安委員会への届け出義務で、
それに伴って悪質な人が多数存在していた無料の出会い系サイトが無くなって、出会い系サイトの中でもポイント制の出会い系サイトや定額制の出会い系サイトが残ったのです。
ですが、次は悪質な行為を主催者がするケースが増加していきました。例をあげるしたら、自動課金制や同時登録制、
そして、無料とうたっておきながら実際には多額の利用料金が発生する、まるで詐欺のような出会い系サイトが増加していきました。
その他にも、出会い系サイトではないと言い張って、きちんと年齢を確認しない為、18歳未満がいるようなサイトもたまにあったように思います。
このように、出会い系サイトは多くの問題を未だに抱えているのが実態なのです。

→出会い系サイトランキング無料一覧はこちら←

出会い系サイトでの犯罪に注意しましょう

独特な覆面性から犯罪者が大勢存在する出会い系サイトがこれまで歩んできた歴史は、とても立派な歴史だと言えるものではなく、
例をあげるとすれば、出会い系サイトは時代を象徴する犯罪が現実化している場所なんだと思います。
その覆面性によって悪意が表に出る事もなく、多くの悲劇的な出来事が起こりました。
暴行殺人がその一例です。
高校生が出会い系サイトで援助交際の相手を求めて女性を狙って、待ち合わせた場所にその女性が行くと何人かの男性がその女性を拉致して、
全く知らない廃墟に連れて行って強姦して殺すという事件が起こった事がきっかけでした。
その次は山口県で同様の事件が、そして新潟県でも同様の事件が起こってしまったのです。
それがニュースで大々的に取り上げられると、出会い系サイトは何でもアリなんだと勘違いして、その犯罪を真似る人が増えていったのです。
女性による犯罪もあります。妻帯者の男性と出会い系サイトで知り合って、会う約束をして色仕掛けでホテルに誘って、
その証拠写真を撮って金銭を奪い取る等といった犯罪が、実際に検挙されているだけで30件もあったとの事です。
そして最も多かったのは援助交際です。条例で規制されてからも出会い系サイトにおいては援助交際を求める人達が大勢存在しているのです。
両者合意のもとだからという考えが、犯罪を犯しているという意識が低い事の原因だと思います。
これらの様に、出会い系サイトのこれまでの歴史は犯罪の歴史と言い換えてもおかしくはありません。

ページ上部に